ベイトリールを海水で使った時、メンテナンスってどうしたらいいの?

 

はい、海で使用した後は必ずそれなりの手入れをしなければ、間違いなくリールの寿命を縮める事になります。

 

昔はその構造上の理由により、ベイトリールの海水での使用はタブーとされていたくらいです。

 

海水で使用したベイトリールは、出来る事なら毎回最低限のメンテナンスは出来るだけ早く行った方が良いです。

 

メンテナンスと言っても基本的に流水シャワーでジャーっと洗う程度ですが、必ず押さえておきたいポイントはあります。

 

それ程手の込んだことまでやらなくてもいいと思いますので、海水使用後はチャチャっとメンテナンスを済ましてしまいましょう。

 

そこで今回は、「海水釣行後に行うベイトリールメンテナンスの押さえるべき需要ポイント」についてお話したいと思います。

釣行後に行うベイトリールのメンテナンスと注意点

出典:ダイワ

基本的なメンテナンス手順としては次の通りとなります。

 

1.ロッドからは必ず外す

2.ドラグを締め込む

3.必ず「水」で洗う

4.ハンドルは上向きで

5.水分をふき取り、乾燥させる

 

順に押さえておくべきポイントを説明していきますね。

1.ロッドからは必ず外す

シャワーで流す前に、必ずロッドから外した状態で行った方が良いです。

 

リールフットの辺りとか、ミスト状の海水が吹き付けられていますので、細かいところまで海水が浸透している可能性があります。

 

リールはロッドから必ず外した状態でメンテナンスを行う様にした方が、より効果的です。

2.ドラグを締め込む

水洗いを行いますので、ドラグは締め込んだ方が良いです。

 

そこまで気にしない人もいる様ですが、締め込むのに特に労力を必要とするわけでもないですし、ドラグワッシャーに水が浸入するのは決して良い事ではありません。

 

水洗い前にドラグを締め込むことで、ドラグワッシャーへの水の侵入を防ぎましょう。

3.必ず「水」で洗う 重要!

寒い時期などはついついお湯を使ってしまいたくなりますが、お湯による洗浄は絶対にNGです。

 

お湯を使ってしまうと必要なグリスが軟化して流れてしまうからです。

 

リール内部にお湯が入らないにしても、リールが温水で温められれば、グリスが軟化して流れてしまう可能性があります。

 

流れ落ちてしまうだけならまだしも、軟化したグリスが入ってはいけないところにまで侵入してしまえば、リールの調子を崩してしまい兼ねません。

 

水洗い時は、必ず温水ではなく「水」で洗う様にしましょう。

4.ハンドルは上向きで

水洗いする際には、ハンドルは上向きで洗います。

 

ハンドルを上向きにする事でドラグへの水の侵入、そしてスプールシャフトからのギアボックスへの水の侵入を出来る限り防ぎます。

 

「え?そこまでやるの?」と思われる方もいるとは思いますが、出来る事は出来るだけやった方が良いと思います。

 

確かにこれで完璧に水の侵入を防げるという訳ではありませんが、せめて「出来る限り」防いでやれば、余計なトラブルの低減やリールの寿命を延ばす事にも繋がります。

5.水分をふき取り、乾燥させる

乾いたタオルなどでリールの水分をふき取り、スプールも外します。

 

スプールを外したら、スプール、スプール周りの水分もふき取り、後はスプールを外した状態で乾燥させます。

 

長期保管する際にはスプールベアリングにもオイルを点しておきましょう。

 

そして乾燥させるときと言うか、リールを保管する際には基本的にドラグは緩めて保管しておいた方が良いです。

 

ドラグワッシャーもテンションが掛かりっぱなしより、必要以上に掛けない方がいいと思います。

 

まあ、これはそこまで気にしなくてもいいかも知れませんが、ベイトリールの性能を保つためにも僕は釣りを終えたらドラグを緩める様にしています^^

 

そもそもなぜベイトリールは海水で使用後にメンテナンスが必要なの?

ベイトリールはその構造上、スピニングリール以上に海水での使用に気を使う必要があります。

 

昔はジギングでベイトリールを使う事はあっても、キャスティングでは使う事はあまり想定されていないというか、ほとんどタブーみたいなものでした。

 

その証拠に昔のベイトリールって「海水OK」とかって表示すらなく、「海水なんかで使わないでしょ?」と言うのが暗黙のうちに常識の様になっていたんですね。

 

ベイトリールって構造上、リーリング時にラインで水を汲み上げていき、キャスト時にそれを盛大にまき散らします。

 

キャストした時に一瞬ブアってなる水しぶきがカッコいいって思ったことある人は、僕だけじゃ無いはず(笑)

 

あれが海水だとどうでしょうか?

 

塩分を含んだ水がミスト状の飛沫となって飛び散る訳です。

 

加えて、スプールが絶妙なクリアランスで高速回転する訳ですから、「塩」がリールへ与える影響はスピニングリールの比では無いはずです。

回転するシャフト部分からベイトリール内部にも侵入する事も、十分にあり得る事なのです。

 

ですから、基本的に「海水ではベイトリールは使うモノではない」と言うのが暗黙のルールの様になっていたのだと思います。

 

まあ、「いや?おれは昔から使っているけど?」という人も居るとは思いますけど、20年くらい前のバスブームの頃はベイトリールに「淡水専用」と言う表示も「海水OK」と言う表示もあまり見かけた記憶がないです。

 

僕の記憶では、ロボコップ風初代アンタレスが出た時にマグネシウムスプールを使っていたので、「淡水専用」と言う表示がされるようになり、それから「海水OK」「淡水専用」と言う表示がされるようになってきたかなと記憶しています。

 

今ではほぼ全てのベイトリールに「海水OK」「淡水専用」の表示がしてあると思いますし、「海水OK」のリールもかなり増えてきました。

 

まあ、最近はベイトシーバスも結構流行っていますし、「淡水専用」じゃバスユーザーくらいしか捕まえられないですからね。

 

僕も例外なく、今は「海水OK」のリールしか購入する事はありません。

 

淡水も海水もどちらもフツウに使いますからね。

 

ちょっと話が反れてしまいましたけど、ベイトリールはいくら「海水OK」のリールであっても、やっぱり構造上の理由から海水使用後はメンテナンスをする必要があります。

ベイトリール海水使用後のメンテナンス重要ポイント まとめ

1.ロッドからは必ず外す

2.ドラグを締め込む

3.必ず「水」で洗う

4.ハンドルは上向きで

5.水分をふき取り、乾燥させる

 

なんか色々書きましたが、特に気を付けるポイントは、

 

ドラグを締めてハンドルを上向きにして「水」で洗う

 

と言うくらいです。

 

どうですか?別にそんなに手間でもないと思います。

 

「洗うこと自体がめんどくせえ・・・」と言われればそれまでですが、リールの性能をフルに引き出すためにも、海水で使用した時はせめてこのくらいはやっておいた方が良いと思います。

 

折角の高級リールもメンテナンスをロクにしなければ、安いリールと大して変わらない性能になってしまいます。

 

あなたの大切なリール、末長く付き合っていきましょう^^

追伸

ジムこと村田基さんは水を溜めたバケツに突っ込んでそのままハンドルやノブを回し、水を切るだけで十分と言っておられました。

 

10秒以内くらいなら水の中に直接突っ込んでも大丈夫だそうです。

 

まあ、村田さんが言うのなら問題ないのかと思いますが、僕は現在そこまでの事はやっていないです^^;

【ベイトリール メンテナンス方法】性能をフルに引き出す4つのポイント

【ベイトリールメンテナンス】オイルとグリスを使い分けないとリールが死にます・・・

にほんブログ村 釣りブログ ベイトタックルへ
にほんブログ村 この記事が役立った!と思われたらクリックお願いします^^