ベイトリールのドラグ調整って案外適当な人って多くないですか?

 

ベイトリールの使い方として、ドラグガチロックで魚を掛けたらカバーから一気に引き離すという使い方が多いので、

 

「ドラグなんていっつもガチロック状態さ」

 

と言う方も多いんだと思います。

 

確かにベイトリールのドラグってスピニングリールと比べるとあまり精度が良いとは言えませんが、使い方によってはスピニングリールを上回るドラグ性能を発揮する事も可能なのです。

ベイトリールのドラグの有効な使い方とは?

出典:ダイワ

ベイトリールのドラグを有効的に使うには、親指による指ドラグを上手く活用する

 

という事です。

 

クラッチを切って指ドラグと言うのは誰もが経験あると思うのですが、同時に失敗して苦い思いをしている人も少なからず居るんじゃないですか?

 

まあ、僕もそんな苦い思いの経験者なのですが、要は使い方次第なのです。

 

ベイトリールの指ドラグも使い方次第によって、スピニングリールを上回るドラグ性能を手に入れ事も可能なのです。

 

バスフィッシングをしているとベイトリールでドラグを使うシチュエーションてなかなかないのですが、シーバスフィッシングだとさすがにドラグなしではキツイです。

 

と言うか、PEラインをメインで使用する事が多いシーバスフィッシングでそんなガチンコフィッシングしていると、ラインブレイク以前にカンタンにバレてしまう可能性があります。

 

ですので、特にシーバス釣りにおいてはいかにベイトリールであろうともそれなりにドラグは使った方がいいです。

 

親指による指ドラグをどの様に活用するかを説明して行くにあたって、まずはドラグについて説明をしたいと思います。

そもそもドラグってナニ?

ドラグと言うはスピニングリールで言うとベールが寝ている状態、ベイトリールで言うとクラッチが繋がっている状態でもラインを引っ張ると出ていくようになっている機能です。

 

要は、魚が急に走り出した時などに一定の力が加わると、自動的にスプールが逆回転する事によってラインが放出されることで、ラインに一気に掛かってしまうテンションを緩めてやり、ラインが切れてしまうのを防ごうと言う機能です。

 

つまり、この機能によってより細いラインで大きな魚を獲れるようになる、と言う事です。

 

ドラグ性能が高いと言われるのは、このラインの出方が非常にスムーズだという事です。

 

不意に一気にかかってしまうテンションに対しても、スムーズにヌルっとラインが出てくれれば、それだけラインブレイクのリスク減るという事ですね。

 

この機能が実は圧倒的にスピニングリールの方が性能が良いのです。

 

スピニングリールと同じドラグ性能をベイトリールに入れようと思ったら、プラス100グラム、150グラムは重量が増してしまうそうです。

 

これはもう、構造的な問題です。

ドラグを調整するには?

スピニングリールのドラグ調整はスプールの上にあるツマミを回すことで出来ます。

 

ベイトリールはハンドルの横についている星の形をしたノブを回すことで調整できます。

 

いわゆるスタードラグと呼ばれるものです。

 

調整方法は厳密に行うのならバネ計りや計量器を使って行いますが、手っ取り早いのが、一度計量器で調整しておき、そのテンションを覚えておくことです。

 

正確に計量して、リールのすぐ上でラインを引っ張ってみた感じを体で覚えておくという事です。

 

どの程度で調整すれば良いかは、ライン強度の1/3程度を目安にするのが良いかなと思います。

 

つまり、1号のラインが大体4ポンドですので、1.3ポンド、600グラムでドラグが滑り出してラインが出ていくように調整するという事です。

 

もちろん、状況にもよりますがこのくらいがおおよその目安になります。

 

ただ、冒頭にも書いた様にベイトリールだとガチロック、つまりラインが全く出ていかない状態までドラグを締め付けている方も少なくないです。

 

ベイトリールの釣りってどうしてもハードなブッシュの中を攻めたり、障害物周りを攻めたりするシチュエーションが多いので、ラインが全く出ていかない様に調整する事が多いからです。

 

ブッシュやストラクチャーから一気に引き剥がさなければ一瞬で巻かれてしまうと言う状況ですので、ドラグが出てしまっては潜られたり巻かれて終わり、という事になってしまいますからね。

 

ですから、この様な状況ではドラグは一切使わず、一気に勝負を決めた方が良いです。

 

とは言え、やはりベイトリールを使っていてもドラグを使いたい時ってあるんですよね。

 

冒頭にも書いた様に、シーバスフィッシングとか青物とかだと、さすがドラグガチロックはキツいです。

 

ですが、ベイトリールのドラグ性能ってスピニングリールと比べるとどうしても見劣りしていまう部分があるんですよね。

 

最近はベイトリールでもドラグ性能が良いモノも出てきてはいますが、多くの人が「太いラインでガチロック」と言う使い方なので、メーカーもそれほどベイトリールのドラグ性能を重要視していないんでしょうね。

 

けれども、ベイトリールにはスピニングリールにはない素敵な機能が使えるのです。

クラッチを切って指ドラグだけでは危険

普段はベイトリールのドラグをガチロックで使っていて、ヤバくなったらクラッチを切って指ドラグ、という事はよくあると思います。

 

僕も以前は基本的にそれでした。

 

ベイトリールのドラグなんてもともとほとんど使いませんでしたし、「クラッチを切ればいいじゃん」て思っていました。

 

けれど、クラッチが繋がっている間はライン放出が全くのゼロな訳ですから、サカナが走ってクラッチを切って指で調整って言うと、どうしてもスムーズ差に欠けてしまうんですね。

 

これがメモリアルフィッシュとかだったりすれば、心臓がはち切れんばかりにバクバク言っている訳ですから、指ドラグに失敗して一気にラインが放出されようモノなら、サカナが掛かっている状態でバックラッシュと言う最悪の状態にもなりかねません。

 

そうなれば泣くにも泣け無くなってしまうというのは、釣り人なら誰もが分かると思います。

 

それを防ぐのに通常のドラグにプラスアルファ、テクニックを一つ加えてやる訳です。

ベイトリールのドラグの最も有効的な使い方

通常のドラグ + 指ドラグ

という事なんです。

 

つまり、通常のドラグを気持ち緩めに設定しておき、ラインが出ていくのを指で抑制する、という事です。

 

なんだそんな事かと思われるかもしれませんが、ただの指ドラグより格段にスムーズですし、ラインを止めるのも出すのも親指のさじ加減一つです。

 

フッキングするときも親指でスプールを止めてアワセればいいわけですから、かなり自由度は高いです。

 

もしくはベイトリールのスタードラグはドラグ調整を瞬時に出来ますので、魚が掛かってから調整するのもアリだと思います。

 

どちらかと言えば僕は後者で、最初はロックに近い状態で確実にフッキングを決めてからドラグを緩めて調整する事が多いです。

 

ベイトリールはドラグを使わない人も多いですが、折角ついている機能ですので、有効に使った方が、一生に一度と言うメモリアルフィッシュが掛かった時も安心できますよ^^

 

【ベイトリールメンテナンス】オイルとグリスを使い分けないとリールが死にます・・・

【ベイトリール メンテナンス方法】性能をフルに引き出す4つのポイント

にほんブログ村 釣りブログ ベイトタックルへ
にほんブログ村 この記事が役立った!と思われたらクリックお願いします^^