さて今回は、

 

「シーバスで使うベイトリールの選び方」

 

と言うテーマでお話させていただきます。

 

 

ソルト対応ベイトいリールが増えてきた昨今、選択肢が増えるのはいいですけど、その分、迷いますよね^^

 

 

最近のベイトリールは下位機種であっても性能がグンと上がっており、コスパに優れたベイトリールが多いです。

 

 

が、当然、何でもいいわけじゃありません。

 

 

間違った選び方をしてしまうと、ブカブカの大きな靴、キチキチの小さな靴でフルマラソンをしているくらい苦痛です。

 

 

そんなことになったら、あなたのその日のシーバスフィッシングは最悪なモノになってしましますよね。

 

 

当記事ではあなたがシーバスで使うベイトリールで失敗することがない様、「選択基準」をお伝えしたいと思います。

 

 

早速ですが、「これだけは絶対に間違っちゃ行けない」と言う基準をお伝えします。

 

 

それは、

 

「シーバスで使うベイトリールはスプール径で選べ!」

 

ということ。

 

 

ココさえちゃんと分かっていれば、ベイトリール選びで迷走することは無くなるでしょう^^

 

 

ちなみに最終的な答えを言ってしまうと、

「シーバスはスプール径Φ36がちょうど良い」

です。

 

 

使用ルアー、ギア比、パワー、糸巻き量、諸々シーバスにはちょうどいいバランス、と僕は思っています。

 

 

ちなみにギア比で悩まれる方もいるかも知れませんが、シーバスにはハンドル1回転あたりの巻き取り長さ80~90㎝のハイギアがベストです。

 

 

その辺りも含めて、詳しく説明しますね。

シーバスで使うベイトリールはスプール径で選べ!

DSC_0675

出典:ダイワ

シーバスで使うベイトリールは、あなたの使用するルアーウェイトに合わせてスプール径で選べば、かなり選択肢を絞ることが出来ます。

 

具体例はコチラ。

 

スプール径 使用範囲 ベスト 使用ルアー
Φ32 5~14g 6~10g 小型ライトプラグ
Φ34 5~28g 7~18g 軽・中量プラグ
Φ36 10~56g 14~40g 中・重量プラグ
Φ38 10g~ 18g~ 重量プラグ

※上限下限は限界値ではなく、僕が実際に使ってきて気持ちよく使える範囲です。

リールの特性や性能、使用するルアーで変わってきますので、あまり細かいご指摘はご容赦ください。

 

 

概ねこんな感じで選べば、かなり良い感じで使えるハズです。

 

 

ベイトリールのスプール径は非常に重要で、使うルアーとマッチしていないとかなり使いにくいリールになってしまいます。

 

 

スプール径ってそれぞれ特徴があって、もちろん何でもいいと言うワケはありません。

 

 

小口径スプールには小口径スプール、大口径スプールには大口径スプールの役割があります。

 

 

基本的な役割としては次の通りです。

 

 

  • 小口径スプール・・・軽量ルアーのキャストに向いている
  • 大口径スプール・・・重量ルアーの遠投に向いている

 

 

特徴として、小口径スプールは軽量ルアーをキャストしやすい、バックラッシュしにくい

と言う特徴があります。

 

けれども飛距離は伸びにくいです。

 

 

対して大口径スプールの特徴としては、重いルアーの遠投性に優れる

と言う特徴があります。

 

けれど、軽量ルアーは扱いにくく、飛距離は出ません。

 

 

例えば5gのミノーをキャストしたとき、飛距離が出る順番は、

 

  1. Φ32
  2. Φ34
  3. Φ36
  4. Φ38

 

と言う順になります。

 

 

逆に重めのルアー、28gのメタルバイブをキャストした時の飛距離は、

 

  1. Φ38
  2. Φ36
  3. Φ34
  4. Φ32

 

と言う感じで逆転します。

 

 

ですから、スプール径にはそれぞれちゃんと役割があり、「このリールカッコいい!」と言う理由だけで選んでしまうと、非常に使いにくいベイトリールになってしまう可能性があるのです。

 

 

例えばΦ32クラスの小さなスプールで28gのバイブレーションを投げても、スプールが高速回転になり過ぎて飛距離は伸びないし、使っていて気持ち良いモノではありません。

 

 

逆にΦ38クラスのスプールで7グラムのルアーを投げても、飛距離は出ないしスプールレスポンスも悪く使いにくくなってしまいます。

 

 

ベイトリールのスプール径って基本的に大口径なら重いルアーが投げやすく、小口径なら軽いルアーが投げやすくなっているんですね。

 

 

もちろん、そのスプールの持っているブレーキ特性や重量などにもよります。

 

 

けれどベイトリールにおいて、物理的に「大は小を兼ねる」ということはないのです。

 

 

もちろん、使えなくはないのですが、適正な使い方をしないと使っていて気持ちよくなく、本来そのベイトリールが持っているポテンシャルを活かす事が出来ないんですね。

 

 

他記事でも例に挙げたことがありますが、実際にΦ34スプールとΦ38スプールで投げ比べをした事があるんですね。

 

 

使用しているベイトロッドは同じモノで、ラインはΦ38がPE2号、Φ34がPE1.5号です。

 

 

このセッティングだと、軽めのルアーはΦ34の方が投げやすく、空気抵抗が少なく重めの良く飛ぶルアーはΦ38の方が適しています。

 

 

で、24gのシンキングペンシルを投げ比べた結果、Φ38スプールが約2割ほど飛距離が伸びました。

 

 

もちろん、ベイトリールの特性とかもありますので一概には言えませんが、Φ34は明らかに過剰回転になってしまい、キャストをしていて気持ちが良いモノではありませんでした。

 

 

逆に大口径スプ―ルで軽いルアーを投げると、スプールが重たくてルアーが非常に投げにくいくなります。

 

 

要は軽いルアーでは重たいスプールを、上手く回転させることが出来ないんですね。

 

 

ピッとングをすれば浮き上がる、オーバーヘッドキャストをすれば目の前にぴちゃって落ちる、サイドハンドで投げればあさって方へ飛んで行く。

 

 

もちろん飛距離も出ません。

 

 

ですから、使用ルアーのウェイトに合わせてスプール径を選択をしないと、非常にやりずらく、一日中気持ち悪いキャストを繰り返すことになってしまうんです。

 

 

その時にテストをすれば良かったのすが、10g程度のミノーであればΦ34プールの方が間違いなく飛距離は伸びていたと思います。

 

 

で、それらを考慮すると冒頭でも言った様に、シーバスで使うならスプール径はΦ36がベストです。

 

 

場合によってはΦ34の方が有利、Φ38の方が有利と言う状況もありますが、いろいろな状況、ルアーに高次元で対応出来るΦ36がシーバスにはベストだと僕は考えています。

 

 

それについて詳しく説明しますね。

 

シーバスをベイトリールでやるならスプール径Φ36がベストな3つの理由

シーバスで使うルアーの範囲でスプール径Φ36と言うのは、あらゆる状況で高次元で使うことが出来ます。

 

 

僕がシーバスにΦ36スプールが適していると思う理由は、主に以下の3つ。

 

  • 使用ルアーウェイトがベストマッチ
  • ハイギアを使ってもパワ―がある
  • ラインキャパがちょうどいい

 

 

順に説明しますね。

 

使用ルアーウェイトがベストマッチ

先ほどの表で言うと、スプール径Φ36は「14~40gくらいのルアーがちょうどいい」となっています。

 

 

もちろん、軽いルアーを投げるならもっと小口径であるΦ34がベストだし、重めのルアーが中心になるならΦ38を選んだ方が飛距離を出すことが出来ます。

 

 

けれど、

 

10~28gくらいがメイン、たまには10グラム以下、28グラム以上も投げる

 

と言うシーバスフィッシングには、やはりΦ36がジャストフィットします。

 

 

イメージとしてはこんな感じです。

スプール径Φ36がかなり広い範囲をカバーしてくれます。

 

 

スプール径Φ36は14g以上のルアーの遠投に優れています。

 

 

10g程度だと確かにΦ34の方が優れてはいますが、Φ36でも全然余裕で使える範囲であり、それだったらΦ36の方がもう少し重めのルアーを快適に使うことが出来て、尚且つ飛距離を伸ばす方向に振ることが出来ます。

 

 

逆に18g以上のルアーになって来ると、スプール径Φ38の方が飛距離を稼ぐことが出来る様になります。

 

 

けれど14グラム以下のルアーの投げやすさが、著しく低下します。

 

 

10~14g程度のルアーも、シーバスではそれなりに使いますからね。

 

 

だとすると、やはりスプール径Φ36が一番快適に使うことができるワケです。

 

ハイギアを使ってもパワ―がある

ハンドル一回転あたりの巻き取り長さが同じなら、スプール径が大きい方がギア比は低くなります。

 

 

つまり、巻き取り長さが同じなら、スプール径が大きい方がパワーが出るということです。

 

 

ぶっちゃけシーバスフィッシングにおいて、それ程巻き取りパワーは必要ありません。

 

 

ブラックバスの様にめっちゃ引き抵抗の大きなディープクランクをゴリゴリ巻くというワケでもなく、基本的に引き抵抗の弱いシャロ―ミノーやシンキングペンシルがメインです。

 

 

それより遠投がメインのシーバスは、ラインスラッグやルアーの回収スピードを重視した方がいいと言う考えから、僕はハイギアを使った方が有利と考えています。

 

 

具体的には、ハンドル一回転あたりの巻き取り長さ、80~90㎝程度がベストです。

 

 

個人的な感覚ですが、90㎝以上あっても良いけど、あまり早すぎると今度はパワーが不足してくる、リズムが合わなくなって来ると言う弊害も出てきます。

 

 

巻き取り差長さ100㎝と80㎝では、ベイトリールを持ち替えたときのハンドルの回すスピードが全然変わってきますからね。

 

 

その辺りをどこまで許容出来るのか?

と言うには個人的な感覚もあると思います。

 

 

ハイギアの方が巻き感度もいいですし、基本、巻きの釣りであるシーバスにおいて巻き感度は非常に重要です。

 

 

とは言え、何でもかんでも早ければいいと言うワケでは無いんですね。

 

 

「ある程度巻き取りパワーが欲しい」という状況も少なからずあるんです。

 

 

例えば、バイブレーションをフルスピードで巻いて広範囲を探る時。

 

 

巻き取り長さ80~90㎝を確保しようと思うと、スプール径Φ34だとギア比8以上は必要になります。

 

 

コレでバイブレーションの早巻きは結構きついです。

 

 

ヤワなベイトリールだと、ボディが歪むのが分かるくらい負荷が掛かります。

 

 

ですから、同じ巻き取り長さなら、もう少しローギアに出来るΦ36の方が快適に使えるんですね。

 

 

僕の経験上、「バイブレーションの早巻き」と言う釣り方において、間違いなくΦ34よりΦ36の方が巻き取り長さ、パワーとのバランスが取れいています。

 

 

巻き取り長さもある程度確保したい、けれども巻き取りパワーもある程度確保したい。

 

 

と言うシーバスフィッシングにおいて、スプール径Φ36はちょうどいい、と言うことなのです。

 

ラインキャパがちょうどいい

リールにもよりますが、スプール径Φ36はほとんどベイトリールにおいてのラインキャパは、PEライン2号を150mほど巻く事が出来ます。

 

 

コレが少な過ぎず多過ぎず、ほどほどにちょうどいいのです。

 

 

僕の経験上、シーバスで最も使いやすいラインの太さは、PEライン2号。

 

 

使うルアーのウェイト、強度、遠投性、トラブルレス性、リーダーとのバランスを考えると、僕はPEライン2号がシーバスには一番使いやすいと考えています。

 

 

軽いルアーがメインであるならPE1.5号でスプール径Φ34、重いルアーがメインであるならPE2.5号でスプール径Φ38。

 

使い分けるとしたらこんな感じです。

 

 

で、PE2号を、最低でも120~130mくらいラインを巻いておいた方が安心です。

 

 

なぜなら、遠投メインであること、トラブった時の為のラインの確保と言うことを考えると最低でも120~130mは最低でも確保しておきたいからです。

 

 

シーバスって飛距離が出るルアーをかっ飛ばすと、70~80m投げる時もあります。

 

 

そうなるとラインスラッグも考慮すると、最低でも100mは必要になります。

 

 

ラインチェックによるカット、根掛かりによるラインブレイク、トラブった時のラインカット、そう考えるとプラス20~30mくらい余裕が欲しいんですよね。

 

 

で、ベストなのが120~130m。と言うライン量に至ったワケです。

 

 

「じゃあ、130m巻いておけばいいじゃん?」

 

イヤ、「150m」巻くのがミソなのであります。

 

 

先ほど、ラインカットやトラブルなどで20~30m余裕が欲しい、と言いましたよね?

 

 

150m巻いて20mラインカットしたら、残りのライン量は130mです。

 

 

ひっくり返して使えば、ほぼほぼ何も使っていない新品に近いラインがまた130m確保することが出来るのです。

 

 

つまり、150m巻いておけば、十分に余裕を持ったライン量を2回使える。

 

 

余裕を持ってラインを使えて、それでいてコスパ最強じゃね?

ということなのです。

 

 

もちろん、完全に新品と言うワケではありませんよ。

 

 

フルキャストをすれば手前の数メートルは、1度目も2度目も使うことになります。

 

 

けれど、基本的にラインが傷むのは先の方がほとんどです。

 

 

根元からガッツリやられたら、どの道それはもう全巻き替えするしかありません。

 

 

僕の経験上も、そのくらいなら十分許容範囲です。

 

 

ということで、ラインキャパもスプール径Φ36がちょうどいいのであります。

 

ベイトリールを使い分けるとしたらどんな感じ?

正直、スプール径Φ36を持っておけば、シーバスをやるならどんな状況でもカバーできます。

 

 

とは言え、軽いルアーにはもっと小口径スプールの方が有利だし、重いルアーを遠投するのならΦ38の方が有利なことには違いありません。

 

 

例えば僕は具体的にこんな感じで使い分けています。

【小規模フィールド】

・スプール径Φ34

ルアー:7~14グラムのライトプラグ

ロッド:8.3フィートのL~MLクラス

リール:ジリオンSVTW など

フィールド:小・中規模河川、港湾部

 

【中規模フィールド】

・スプール径Φ36

ルアー:10~28グラム、もしくはそれ以上のウェイトのプラグ

ロッド:8.3~9フィートのML~MHクラス

リール:ジリオンTW など

フィールド:小・中規模河川、港湾部、サーフ、そこそこ遠投したいとき

 

【大規模フィールド】

・スプール径Φ38

ルアー:18~28グラムをメインに14~40グラムくらいのプラグ

ロッド:10~11フィートのM~MHクラス

リール:リョウガ2020、ダイワZ2020(ブラックリミテッド)など

フィールド:磯場、外洋、サーフ、フル遠投したいとき

 

細かく分けるとこんな感じですが、ぶっちゃけスプール径Φ36はどの区分でも十分に使えます。

 

 

「こんなルアーしか使わない」ってときに使い分ける感じですかね。

 

 

具体的には「重いルアーの遠投しかやらない」と言う時に、ロングロッドにスプール径Φ38を使うだけで、後はΦ36でカバーしています。

 

 

カバーと言うか、Φ36がベストなんですけど^^

 

 

強いて言うならΦ34にPE1~1.5号程度を巻いておいて、ライトな釣りをやりたくなったら使う。て感じです。

 

結局どのベイトリールを選べばいいのよ?【まとめ】

さて今回は、

 

「シーバスで使うベイトリールの選び方」

 

と言うテーマでお話させていただきました。

 

 

結論、

 

ベイトリールは使うルアーウェイトによってスプール径で選んでおけば問題がなく、シーバスで使うにはΦ36がベスト。

ギア比はハンドル一回転辺りの巻き取り長さ80~90㎝を選べ!

 

 

理由として、

 

  • 使用ルアーウェイトがベストマッチ
  • ハイギアを使ってもパワ―がある
  • ラインキャパがちょうどいい

 

以上になります。

 

 

で、結局どのベイトリールを選べ良いのよ?

と言う話ですよね。

 

 

僕は2021年に登場した、21スティーズA TW HLCがシーバスにはベストだと思います。

 

もちろんスプール径はΦ36、飛距離、トラブルレス性、ボディ剛性、どれをとってもシーバスにはいうことなしです。

 

 

あ、ギア比がちょっと低いのが気になりますが、まあ、許容範囲で^^

 

 

21スティーズA TW HLCについての記事も書いていますので、リンクを張っておきますね。

21スティーズA TW HLC【速攻インプレ】もう一声欲しかった…

21スティーズA TW HLCはシーバスで使うのってどうなのよ?

【シーバス】ベイトリール初心者が買って失敗しない機種、1選【2021年最新】

 

 

ついでにPEラインをひっくり返して使う際に、コチラの記事も参考になると思います^^

【ベイトリール 糸巻き方法】下糸を確実にきっちり巻く唯一の方法

ツイッターはコチラ


管理人へのお問い合わせはコチラ!
管理人へ連絡する  
ベイトリールに関するどんな些細な事でも、「今更恥ずかしくて誰にも聞けない」なんて事でもオールOKです。
疑問に思ったことはいつでも言ってください^^


にほんブログ村 釣りブログ ベイトタックルへ
にほんブログ村 この記事が役立った!と思われたらクリックお願いします^^