ダイワから2018年に登場したベイトリールの一つ、ジリオンTW HD。

 

ジリオンのHD仕様、ただ糸巻き量が増えただけなんじゃないの?

 

いやいや、HD仕様としてきっちり強化していますので、ジリオンよりヘビーな使い方、よりタフなベイトリールを求めている方にとっては間違いなく”たまらない”ベイトリールになっています。

 

ですがカタログやホームページを見ると、進化したポイントとか注目のポイントとか、その辺り全然クローズアップされていないんですね。

 

正直、「売る気あるの?」と思わざるを得ない感がありました。

 

せっかく通常のジリオンTWに比べても「ジリオンらしい」強化をしてあるのに、それがホームページを見るだけでは伝わって来ないのはちょっと残念・・・

 

という訳で、カタログだけでは分かりにくいジリオンTW HDの進化のポイント、そして残念だな~と思うポイントをお伝えしてみたいと思います。

ジリオンTW HDは何が変わったの?

出典:ダイワ

ジリオンTWに「HD]と言うモデルが追加されたわけですけど、単純に糸巻き量が増えた訳ではありません。

 

ちゃんと「ジリオンらしい」進化をして登場しています。

 

ジリオンと言えばまずその堅牢性ですよね。

 

ロープロコンパクトベイトリールの中でも「強い」ベイトリールとしてその地位を確固たるものとしています。

 

その「タフなジリオン」が、”より”強化されて登場したのが今回お伝えするHDモデルなのです。

 

主な進化のポイントとしては、

 

・アルミ強化ハウジング

・ウォームシャフトにベアリング追加

・100mmアルミクランクハンドル、パワーラウンドEVAノブ

・最大ドラグ力が向上

 

こんなところでしょうか。

 

残念なポイントもあるのですが、それはまた後述しますね。

 

ではまず従来のジリオンTWと比べた進化のポイントを説明しますね。

進化のポイント① アルミ強化ハウジング

従来のジリオンTWは、

 

・メインフレーム・・・強化アルミ

・ハンドル側プレート・・・肉厚ザイオン

・パーミング側プレート・・・樹脂

 

だったのに対しHDとなったジリオンは、

 

・メインフレーム・・・強化アルミ

・ハンドル側プレート・・・強化アルミ

・パーミング側プレート・・・強化アルミ

 

となっています。

 

これによって、スプール、ギアを支える全てが強化アルミとなっている事になります。

 

これまでは強化アルミはメインフレームだけだったモノが、ギア、スプールを支えるプレート全てが強化アルミでガッチリ支えられることになったのです。

 

これだけでもどれだけガッチリしたか、カンタンにイメージ出来るんじゃないかと思います。

 

正にタフコンセプトベイトリールと呼ぶにふさわしい進化となったのが、HDとなったジリオンTWなのです。

 

けれど実はホームページ上で進化のポイントしてこれらが伝えられているのは、

出典:ダイワ

これだけ。

 

ベイトリールの心臓、運動性能を発揮するギア、スプールと言った重要な部分が、これまでは樹脂で支えられていたのに対して、金属パーツで覆われた訳です。

 

確実にその分タフになり、ジリオンらしい進化であるにも関わらず、それがこれだけの記述で果たして伝わるのかなと言うのが、僕の正直な感想です。

 

ジリオンを求めている人は少なからずその「堅牢性」を求めているハズです。

 

元々タフコンセプトであるベイトリールがこれだけ「タフな進化」をしたのなら、もっとクローズアップしてもいいんじゃないかと思います。

 

ぶっちゃけ僕が知るだけでもあまり評判がいいとは言えないマグシールドをあんなにデカデカと解説するより、「ギア、スプールを支える全てのパーツが金属に」みたいなクローズアップのされ方をした方が余程”ジリオン”が魅力的に見えるんじゃないかと思います。

 

そうすれば僕の様なタフリールを求めているユーザーに対しても、もっと訴求できるのに・・・と思います。

(ダイワさん、偉そうなこと言ってスミマセン。ジリオン、好きなんです)

進化のポイント② ウォームシャフトにベアリング追加

「ベアリングの数が多い方が凄い」

 

まあ、ベアリングの数だけで凄さを決めるのもアレですけど、価格が高いハイエンド機種にはやはり多くのベアリングが使われています。

 

今回のジリオンTW HDにもノーマルのジリオンに比べて2つ、ベアリングが追加となり、ボールベアリング数が10個となりました。

 

追加で取り付けられた場所は、レベルワインダーを支えるウォームシャフトの両サイドです。

 

レベルワインダーはリーリング時にずっと回り続けている主要部品の一つで、リーリングに影響を与える重要なパーツの一つです。

 

正直、「ジリオンクラスならこのくらい最初から付けてくれよ」と思ってしまいますが、まあ、とりあえずHDモデルとなってこのベアリングが標準装備となりました。

 

これでわざわざベアリング追加のチューンをする必要がなくなったという訳ですね。

進化のポイント③ 100mmアルミクランクハンドル、パワーラウンドEVAノブ

100mmのハンドルは意見が分かれるところかも知れませんが、ハンドルが樹脂からアルミに変更された事により、よりかっちり感が増したと言うのはイメージ出来ると思います。

 

ラウンドタイプのEVAノブが最初から装着されているのも嬉しいです。

 

「ジリオン」を求める人って、やはり”パワー”を求めている訳ですから、購入してからハンドルやノブを新たに購入して変更する人も多いんじゃないかと思います。

 

ハンドルとノブを新たに購入して交換するだけで10,000円とか軽く超えてしまいますから、元々交換しようと思っていた人にとっては嬉しいポイントです。

進化のポイント④ 最大ドラグ力が向上

ノーマルのジリオンTWの最大ドラグ力5㎏に対して7㎏にまでアップしています。

 

7㎏といえばジギングリールの最高峰とも言えるソルティガBJと同じドラグ力です。

 

リョウガの6㎏も上回り、アンタレスDC MDも上回ります。

 

ここまでいるの?と思えなくもないのですが、このドラグ力のパワーアップはジリオンTWが”HD”として「タフさでは他のベイトリールには負けないぜ」と言う気合いの表れを感じました。

 

50ldを超える様なごんぶとPEラインを使用して、ドラグガチロックでヘビーなカバーからモンスターをぶっこ抜く、そんな気合いの入ったユーザーにはドラグ力強化は嬉しいでしょうね。

アンタレスDC MD【レビュー】驚愕!アンタレスDCとの違いをまとめてみたら驚いた

残念なポイント スプールが・・・

ジリオンTWにHDモデルが追加となってスプールも超々ジュラルミンからG1ジュラルミンへ変更されました。

 

G1ジュラルミンは超々ジュラルミンの1,3倍の強度があるという事ですから、同じ強度ならその分肉薄に出来る、つまり軽量なスプールが出来るという事です。

 

スプールはもちろん、ギアにも採用されていたり、最近のダイワのベイトリールには欠かせない素材となっていますね。

 

で、そのダイワのテクノロジーの結晶の様な素材がスプールに使われていて、一体何が残念なのかと言いますと・・・

 

スミマセン。ちょっとここでは語り切れないので、また別の記事で改めて「ジリオンTW HDのスプールについて」書かせて頂きますね。

 

ただ、一つ言えるのは、より軽量となって空気抵抗の大きいルアーもバックラッシュしにくく、PEラインも扱いやすくなった、という事でしょうか。

 

これだけ聞くと、「え?良くなったじゃないの?」と思われるかも知れませんが、それでも僕はこの変更はちょっと残念に感じてしまいました。

 

ダイワさんの意図もあるのかと思いますが、それならそれでカタログやホームページに分かりやすく記載して欲しいです。

 

と言うか、あまりにさりげなく書かれているので、勘違いして購入してしまうユーザーも少なからずいるハズです。

 

購入してから「え?○○じゃないの??」なんて事にもなりかねないという事です。

 

まあ、詳しくはコチラの記事を読んで下さい。

【悲報】ジリオンTW HDのスプールに搭載されたブレーキがマグフォース・・・

ダイワ ジリオンTW HD【インプレ】まとめ

今回はダイワのジリオンTW がHDとなって進化したポイントをお伝えしました。

 

こうやって見てみるとジリオンTWがただ単に「糸巻き量が増えた」と言うだけでは無いという事が分かると思います。

 

と言うか、「よりジリオンらしく」正統に進化しています。

 

ベイトリールの心臓とも言える部分と、運動性能を発揮する重要な部分を強化アルミでガッチリと固定し、尚且つ100mmアルミハンドル、パワーラウンドノブを標準装備。

 

それでいて価格差が約7,000円と言うのはオトクとしか言いようがありません。

(恐らくスプールが差を吸収しているのかと思いますが)

 

ジリオンの伝統とも言える堅牢性を、これでもかと言うくらいにパワーアップされています。

 

けれど何故かカタログやホームページでは、その事についてあまりクローズアップされていません。

 

それが何故なのかよくわかりませんが、今回のジリオンTW HDは「ジリオンがよりジリオンらしく進化した」と言っていいベイトリールだと思います。

※ジリオンの購入を考えているのなら、最初からチューンされていてこの価格は魅力だと思います。

 

ジリオンTWについてはコチラ

ジリオンTW インプレ【まとめ】コレ知ってた?3つの特徴

 

関連記事

【悲報】ジリオンTW HDのスプールに搭載されたブレーキがマグフォース・・・

▶ ダイワ ジリオンSV TWをガチインプレした結果・・・

追伸

2018年デビューの注目のベイトリール、ジリオンのライバルとも言える「タフなロープロファイルベイトリール」をインプレッションしましたので、良かったら読んで下さい^^

バンタムMGL インプレ【まとめ】注意点が浮き彫りに・・・

にほんブログ村 釣りブログ ベイトタックルへ
にほんブログ村 この記事が役立った!と思われたらクリックお願いします^^